会長挨拶

 このたび、日本社会心理学会会長を務めることになりました、唐沢かおりです。就任にあたりまして、ご挨拶とともに、任期中の課題につきまして、皆様にお伝えしたく存じます。
 これまで、日本社会心理学会は、学会運営に携わってこられた皆様方のご尽力により安定的に活動を維持してきましたし、学術的にも領域のプレゼンスを示しつつ、他領域との連携も活発に進められてきました。この状況を継承し、「さらなる発展」という視座のもと、次の世代に引き継ぐことが、学会運営のコアとなる課題です。社会心理学という学問の射程範囲が拡大し、多様な分野との共同研究から生まれる成果の豊かさは目を見張るものがあります。人の社会性や社会的行動の特性に関する基本的な問いを探求しつつ、他領域と連携し相互に影響を与えながら成果を挙げている現状を社会に発信していきたいと考えています。
 もっとも、その流れの中で、今の私たちに課せられた課題には、重いものがあるように思います。多方面に展開する学問の流れの中で、多くの会員各位が活躍されているのはその通りですが、長期的には、会員数の緩やかな減少が見込まれ、学会を維持する仕組みについて、議論を開始する必要があります。また、大学のおかれている現状を踏まえると、学問の継承と発展という極めてシリアスな問いに向かい合いながら、日常の学務に追われ、研究時間の確保や、学生指導にじっくりと取り組むこともままならない状況に、個々の研究者が置かれていることも感じております。
 かつて大学という場に流れていた緩やかな時間は失われ、顔を合わせると「忙しいよね、大変だよね」と言い合う。長期的な視野を持ち、研究や教育に取り組むことが困難になっている。しかし、そうであるからこそ、学会という組織の持つ意味を再考することが求められているのではないでしょうか。
 会員としてここに集う方々の活動に資するためには、どのようなありかたが望ましいのか。これはここ何期かの学会執行部が継続して考えてきたことですが、今期もこの問いを引き継ぎながら、少しでも具体的なアクションにつなげていければと思います。すでに、浦前会長の任期中に、社会心理学関連学会のコンソーシアムが構想されていますが、「会員数問題」や「皆忙しい問題」があるなか、効率のよい学会運営のためにも、その構想を引き継いでいくことは必須です。その議論の中で、今後を担う、若手~中堅の皆様に対する支援のありかた、研究交流の基本となる学会大会の安定的な開催を可能にする仕組みについても、前期に引き続き、考えていく所存です。
 加えて、今期から議論を始める必要がある案件として「公認心理師」に関わることがあります。心理学の国家資格として、公認心理師ができたこと自体はめでたいのですが、その運用について、また、カリキュラムのあり方について、様々な問題が存在します。公認心理師自体は、一つの資格制度であると言ってしまえばそれまでなのですが、心理学教育のあり方のみならず、社会における心理学の立ち位置にも関連します。この話題は、例えば最先端研究に基づく学術動向の追求などとは、異なる次元にあるのかもしれませんが、私たちの知見が社会に「どう意味づけられるか」について、学会として無関心でいるわけにはいきません。公認心理師問題については、新たに委員会を立ち上げて、皆様方のご意見をいただく仕組みを作りたいと考えております。
 以上、任期が始まるにあたって、思うことを述べさせていただきました。しかし、おそらく、様々な問題は、走り出してから生まれ、また気がつくものであるとも思います。二年間という短い期間ではありますが、常任理事、理事の先生方に支えていただきながら、学会として何をしたらよいのかを、皆様とともに考えていきたく思います。ご支援、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。。

2019年4月

日本社会心理学会会長
唐沢かおり