日本社会心理学会趣意書

 当学会は、狭い意味での社会心理学の専攻者だけでなく心理学、社会学、政治学、経済学、文化人類学、宗教学、言語学など、互いに隣接する諸科学の研究者で、とくに社会心理学に関心をもつものが集まって組織する団体です。

 我が国の社会心理学は戦後急速に発展してきましたが、ご承知のように関連分野が非常に広い学問なので、とかく相互の連携が失われやすく、これが社会心理学の発展の大きな障害となっているように思われます。したがってこれらをつなぐ単一の学会の存在が強く望まれていたわけですが、この要望に沿って昭和30年有志によって「社会心理学懇談会」が結成されました。これが、会員の総意により発展的に改組されて、同35年『日本社会心理学会』が生れ、現在にいたっています。

 会の活動としては、年3、4回、会報を発行して、当学会の動きや各地の研究状況、会員の声などのニュースを送るほか、「社会心理学研究」を編集刊行して会員の研究発表の場とし、会務の執行状況の報告を記載しております。また、毎年春には公開シンポジウム(各種の隣接諸科学の研究者による特定のテーマをめぐるシンポジウム)、秋には研究発表会(会員一般の研究発表を中心とする大会)を開いて、社会心理学研究の開発と促進に寄与し、かつ、随時、公開講演会などを主催し、社会心理学の普及にも努めています。

 今後とも自由で活動的な会として社会心理学の発展にも寄与して行きたいと思います。

日本社会心理学会