お知らせ

2011.08.29

「若手会員、声を上げる」の記事募集

 自分の研究を伝えたい、仲間を募りたい、ネットワークを拡げたい、教育について語りたい、とお考えではありませんか。社会心理学会では、若手の会員の方々にそうした機会を多角的に提供したいと願っております。もちろんブログやtwitterで語ることも可能ではありますが、会員全員に届くメディアには会報があります。そこで、社会心理学会会報の新企画として、

『若手会員、声を上げる』

と題して、会報の紙面を1ページ前後提供させていただいております。当面毎号2記事を予定いたします。投稿大歓迎です。現在、会報192号まで執筆者が決まっておりますので、2012年春の193号の投稿を募集しています。ご希望の方は、その簡単な内容案(研究紹介か、仲間募集か、学会への提言か、程度のものでかまいません)を社会心理学会広報委員会の次のアドレス宛に伝えていただけるよう、お願い申し上げます。jssp_prgooglegroups.comです。(を@に置き換えください)

 執筆者の要件としては、大学院生ないし常勤職就任後5年程度までの方を念頭に置いておりますが、必ずしもその限りではありません。