日本社会心理学会著作権規程
number
条 項
discription
内  容
第1条
この規程は、本学会が編集する著作物及び個別の著作物(「社会心理学研究」、「大会発表論文集」、「会報」等)に掲載される論文等(以下「論文等」とする)の著作権(著作権法第21条から28条に規定されているすべての権利)の取り扱いに関して取り決めることを目的とする。
第2条
論文等に関する著作権は、原則として本学会に帰属する。
第3条
「社会心理学研究」に掲載が決定した場合、著作者は速やかに著作権譲渡書に署名の上、これを学会事務局に郵送する。「大会発表論文集」については、原稿をウエブ投稿する際に、投稿者が著作権譲渡について同意の意思表示を行う。
第4条
大会発表論文集や会報に掲載された著作物を著作者が本学会または他学会への投稿論文の一部にすることに対して、本学会は著作権者としての異議申し立てを行わない。
第5条
著作者は、事前に本学会に届け出をおこなった上で、投稿した論文等を著作者自身または著作者が所属する組織のホームページに掲載することができる。ただし、掲載に際してはその出典を明記しなければならない。
第6条
著作者が自らの著作物を非私的目的のために利用する場合、それが非営利目的であれば本学会の許諾を必要としない。ただし、利用に際しては出典を明示しなければならない。営利目的である場合には、著作者は事前に本学会の許可を得なければならない。
第7条
著作者は、電子的配布に伴う改変、およびアブストラクトのみの使用に関して、本学会と本学会が許諾する者に対して著作者人格権を行使しないものとする。
第8条
第三者から著作権の利用許諾申請があった場合、常任理事会における審議を経て適当と認められたものについて許可することがができる。
附 則
  1. 本規程は、2007年4月8日より施行される。
  2. 本規程の制定・改定は常任理事会で決定し、理事会の承認を要する。