第8回春の方法論セミナー
「既存データの活用による研究展開 -二次分析研究・メタ分析-」(仮)

日時 2021年3月1日(月)13:00~16:30(12:30 ウェビナー開始予定)
開催方法 Zoomによるウェビナー機能を利用したオンライン開催
参加費 無料(会員以外の参加も可)
企画 日本社会心理学会学会活動委員会
講師
(講義編)
「二次分析研究」「メタ分析」
国里愛彦 先生(専修大学)
https://kunisatolab.github.io/main/index.html
(実践紹介編)
「二次分析研究」「メタ分析」
浜村 武 先生 (Curtin University)
https://staffportal.curtin.edu.au/staff/profile/view/
Takeshi.Hamamura/
概要 セミナー概要
 現在のコロナ禍において感染リスクを避けた上でいかに研究を進めるかは、社会心理学はもちろん、心理学全体にとっても大きな課題となっている。その一つの解決策は、Webを利用したリモートによる調査や実験であり、これは夏のセミナーのテーマで扱った。もう一つの解決策としては、既存の知見やデータの活用による研究展開が考えられる。自身の研究に既存の知見やデータを活用することができれば、時間や金銭、労力のコストを節約できて効率的であるとともに、自らの研究領域の概観・俯瞰や、自身では収集困難なデータによる新たな研究展開にもつながる
 今回の春のセミナーでは、新規にデータを収集しない研究方法として、二次分析研究とメタ分析に注目する。二次分析研究は、既存データを対象にして、既存研究とは異なる、新たな目的や方法を用いて分析することを指す。メタ分析は先行研究の知見を系統的な方法で収集・整理して、それらを統計的に統合する方法である。二次分析研究やメタ分析は、研究法や心理統計の授業や書籍でも詳細に説明されることが少なく、学生はもちろん教員、研究者も十分に理解できていない場合がある。しかし、メタ分析で特定分野の研究知見を俯瞰的に整理することや、二次分析研究で自分自身では収集できないような大規模調査のデータや、他の学問分野のデータを活用することは、コロナ禍における苦肉の策というよりも、研究展開上の大きな魅力があると言えよう。
 これらの方法論について、より詳しく学ぶため、今回のセミナーでは講義編と実践紹介編の2部構成を採用する。講義編では、各手法の基礎知識や手順を講師の国里先生から体系的にわかりやすく解説いただきたいと考えている。実践紹介編では、講師の浜村先生から自らの研究経験を踏まえて、当該手法の採用に至った経緯や苦労話、醍醐味、注意すべき点など論文におさまらない内容も含めてお話いただく予定である。

スケジュール(案)
スケジュール・内容(予定)
13:00-13:10
企画趣旨説明(学会活動委員会)
13:10~13:55
「二次分析研究」解説40分・質疑応答5分   (国里先生)
13:55~14:00
休憩5分
14:00~14:45
「メタ分析」  解説40分・質疑応答5分   (国里先生)
14:45~15:00
休憩15分
15:00~15:35
「二次分析研究」実践講演30分・質疑応答5分 (浜村先生)
15:35~15:40
休憩 5分
15:40~16:15
「メタ分析」  実践講演30分・質疑応答5分 (浜村先生)
16:15~16:25
全体討論
16:25~16:30
まとめ(学会活動委員会)
zoomのウェビナー登録
日本社会心理学会第8回春の方法論セミナーは、お知らせのとおり、zoomのウェビナーを使用して行います。
以下のリンクより、事前登録をお願いします。
なお、定員は500名です。
開催時刻:2021年3月1日 13:00~16:30(ウェビナー開始 12:30予定)
トピック:日本社会心理学会 第8回春の方法論セミナー 「既存データの活用による研究展開 -二次分析研究・メタ分析-」
このウェビナーに事前登録する:
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_rlT44beeRpuTxhF4WdM1kQ
ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。

なおウェビナーの注意事項は以下の通りです。
1.本セミナーの映像・音声については、視聴者側で録画・録音しないでください。
2.本セミナーの登録には、お名前・所属・メールアドレスの登録をお願いします。登録は会員・非会員どちらでも可能です(会員か否かは回答をしてください)。
これらの情報は、セミナーの円滑な運営のために日本社会心理学会学会活動委員会が使用します。また、ウェビナーでの質疑応答時には顕名で質問等はお願いします。
3.セキュリティ確保、および参加者確認のため,原則1アカウント1デバイスからウェビナーに入ってください。
4.オンラインセミナーでは,音声が急に途切れることなどが起こりうることをご理解の上,ご参加のほどよろしくお願いします。オンラインセミナー開催中に、運営側の学会活動委員がサポート対応することはできませんので、その点ご了承ください。配信において生じた技術的問題による視聴困難等について学会活動委員会はその責を負いません。
5.ウェビナーでは視聴者の方は、基本的にカメラ・マイクはオフです。途中の質疑応答場面で、運営側が視聴者のマイク等をオンにすることもありますが、マイク・カメラの用意は原則不要です。
6.当日配信開始1時間前にリマインダーを自動送付します。その際に配布資料等のURLを掲載予定です。開始1時間前(リマインダー配信時)より後の登録の場合、資料URLは当日冒頭ウェビナー上で公開しますので、そちらを参照してください。

講演概要
国里 愛彦 (講義編 @専修大学)
 コロナ禍によって、心理学研究の進め方は大きく変化してきている。これまで、多くの心理学研究において新規のデータ収集が行われてきた。しかし、感染拡大の影響により、従来どおりのデータ収集が難しくなってきている。大学・大学院での心理学教育ではデータ収集方法について多くの時間が割かれているが、既存のデータの再解析についてあまり学ぶ機会は多くない。もちろん感染収束によって従来どおりのデータ収集が可能になればよいが、この機会に二次分析研究を行うことは研究方法の幅を広げることにつながるかもしれない。今回のセミナーでは、既存データに対する二次分析研究について取り上げる。二次分析研究にも様々な方法があるが、今回は、既存の個別データに対して再解析を行う研究と、系統的展望研究のように既存の要約統計量に対してメタ分析を行う研究の方法について紹介する。前者については、昨今の再現可能性の問題も考慮した研究実践について説明を行う。後者については、具体的な研究実施のガイドラインなども紹介しつつ、Rを用いた解析も含めた解説を行う。
浜村 武 (実践紹介編 @Curtin University)
 研究に必要となるデータを取得するためには、実験計画を立て、質問紙の設計を行うというのが一般的な手法だが、データの取り方には他にも様々な方法がある。この講演ではメタ分析と二次分析研究に着目し、社会心理学研究における実践例を論文におさまらない内容も含めて紹介する。メタ分析:過去の研究結果を体系的かつ定量的に整理を行う手法であり、さまざまな使い方が可能である。例えば研究領域の新たな展開を論ずるためのレビュー、または文献の理解を深めるステップとして行うレビューなどが行える。二次分析:二次データには研究に使いやすいフォーマットで整備されているもの(例:世論調査)とそうではないものがある。後者の例としては新聞記事、ネット検索、「いいね」などがあり、例えばテキストマイニングの手法を使ったデータの処理が必要となる。二次データを用いる醍醐味は効果的に使うことで従来の手法では難しかった研究テーマが可能となることであるが、その一方でデータの妥当性の確保に苦労する点もある。これらの点を踏まえ、実践的な観点から講演を行う。